平成27年1月から贈与税の税率等が改正されたことにより、贈与税について関心を持っておられる方も多いと思います。

贈与税とは、個人から財産の贈与を受けた場合、贈与を受けた人に掛かる税金のことです。

贈与税には年110万円の基礎控除があるため、その年に他の贈与を受けなければ、贈与税は掛かりません。

贈与税は、1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の合計額から、基礎控除額の110万円を控除した金額に、贈与税の税率を掛けて算出します。

たとえば、マイカーを購入する際、父から100万円を援助してもらったというような場合は贈与税は掛かりませんが、同じ年に母からも100万円の贈与を受けるというような場合は、父からの分を合わせると、年間で200万円の贈与を受けることになり、結果、200万円から110万円を差し引いた90万円に対して課税され、贈与税は9万円となります。

一方、基礎控除は毎年控除できますので、今年は父から100万円、来年は母から100万円と、年を分けて贈与を受ける場合は、贈与税は掛かりません。

申告の手続きは、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までに、税務署に申告をして納税します。

110万円以下の贈与であれば申告は必要ありません。

60歳以上の父母や祖父母から、20歳以上の子や孫へ、2,500万円まで無税で贈与できる相続時精算課税という特例制度もありますが、この制度を選択した後は、その贈与者からの贈与について、毎年110万円の控除枠が使えなくなります

選択に当たっては、事前に専門家に相談するなど、慎重に検討してください。

他に留意点としては、現金を贈与する場合は、金融機関の口座振込で行うなど、贈与の事実を明確にしておくことをお勧めします。