コロナワクチンは子宮に悪影響

 

2021年11月、IPAK「Spontaneous Abortions and Policies on COVID-19 mRNA Vaccine Use During Pregnancy」と題する論文が発表されました。

それによると、報告された数より7~8倍高く胎児が死亡。

VAERSでは2,786件の子宮死報告されていますが、これはわずか1%~10%のワクチン被害届けです。

したがって、実際は死亡数がさらに多いと思われます。

参考