亡き母がまだ若い頃、新潟の従姉と一緒に記念写真を撮ったという、弥彦公園に連れて行っていただきました。

ここへ来たのは生まれて初めてかもしれません。

亡き母の足跡をたどるというのは感慨深いものがありますね。

弥彦公園はJR弥彦駅のすぐ右にあります。


 

4月中旬の山はまだ寒く、東京にいる時と同じ格好で行くと風邪を引きます。

ひょうたん池下流には小さなスペースながら水芭蕉が群生しており、開花時期には人々の心を癒してくれます。

とのことですが、まだ開花の時季ではありませんでしたね。



 

弥彦公園は東京ドーム約3.5個分に当たる16万㎡にも及ぶ広さがあるとのこと。

もっと散策したかったのですが、本格的に周ろうと思ったら、半日はかかりそうですし、なによりも寒さには勝てず、そそくさと退散しました。


 

自然豊かで素晴らしい所です。

訪れる人に、きっと癒しと感動を与えてくれるでしょう。

迎えてくれた弥彦の神々に感謝です。