経営セーフティ共済は、中小企業の取引先が倒産してしまった際の連鎖倒産を防ぐことを目的とした制度です。

取引先が倒産し売掛金等が回収困難になった場合に無担保・保証人不要でそれまでに支払った掛金総額の最大10倍(最高8,000万円)まで借り入れることができます。

返済期間は借入額に応じ5年から7年間です。

メリットは掛金金額が事業所得の経費になるので、所得税・住民税・事業税が少なくなります

会社の場合でも経費になるので法人税等が軽減されます

加入できる条件は、1年以上継続して事業を行っている一定の条件を満たした個人事業主会社が加入できます。

たとえば、個人事業主で内装業であれば、従業員数300人以下で条件を満たします。

毎月の掛け金は、5,000円から20万円まで5,000円単位で自由に選べ、加入後も増額・減額や、年払いに変更することができます。

掛金総額が800万円になった時点で積み立ては終了になります。

また、条件を満たせば掛け金の支払いを止めることが可能です。

途中解約も可能ですが、掛け金を納めた期間が12カ月未満の場合は掛け捨てとなりますが、12カ月以上掛け金を納めると掛け金の8割以上が戻ります。

さらに、40カ月以上納めていれば、掛金全額が戻ります。

なお、解約により戻ってきた金額は事業所得の収入となります。

注意点として、この制度を利用すると、借入額の1割が積み立てた掛金総額から減額されます。

また、個人の不動産所得では掛け金は経費にはなりませんのでご注意ください。