寡婦控除とは、夫と死別または離婚した後に再婚していない人などが一定の要件を満たすと所得の控除を受けられる制度です。

一定の要件とは、年末において「扶養控除」か「生計を一にする子」がいると受けられます。

なお、生計を一にする子は、その年の所得金額が38万円以下他人の扶養親族などになっていない子に限られます。

離婚の場合は扶養親族などがいる必要がありますが、死別の場合は、扶養親族などがいなくても自身の所得金額が500万円以下給与のみだと給与年収が約688万円以下)であれば受けられます。

なお、夫の遺族年金非課税なので所得金額に加えなくて結構です。 

寡婦控除額は27万円住民税26万円)です。

さらに特別の寡婦に該当すると35万円住民税30万円)になります。

特別の寡婦とは、寡婦控除を受けられる人のうち、扶養親族である子がいて所得金額が500万円以下の人です。

わかりやすく例を挙げると、たとえば、

夫を亡くし
高校生の子どもがおり
給与年収が300万円

であるというような場合は、特別の寡婦に該当します。

寡婦控除以外の所得控除(扶養控除など)が120万円と仮定し、住宅ローン控除などが無いケースだと、所得税と住民税で合わせて約5万円の減税になります。

手続きの方法は、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の寡婦の欄にチェックし、必要事項を記載して勤務先にあらためて提出すると、毎月の給与から天引きされる税金や年末調整で反映されます。

なお、確定申告でも控除可能です。