近年流行しているフリマアプリ等を利用して、自宅で不用になった衣服食器雑貨などの「生活用動産」を出品販売したときは原則として非課税になり、確定申告をする必要はありません

一方、手作りのアクセサリーを出品販売して得た副収入は、所得の金額により確定申告が必要となります。

生活用動産とは、ご自身や家族が日常生活で使用する物品等のことで、家具衣服雑貨書籍等が該当します。

ただし、このような動産に該当するものであっても、時価が30万円を超える宝石書画等の他、利益を得るために継続的に販売するものは、非課税にはなりません
 
会社員の所得税は、通常、年末調整で精算されますが、副収入の所得が年間20万円を超える場合には、確定申告が必要になります。

アクセサリーの販売では、売上金額から販売手数料、材料代や発送に伴う送料等の諸経費を控除した金額(利益所得になります。

なお、税務署から申告書の記載内容の確認を求められることがありますので、売り上げの記録や諸経費の領収書等は保管しておいてください。

副収入の所得が20万円以下なら確定申告の必要はありませんが、20万円以下は非課税という意味ではありません

医療費控除寄付金控除(ふるさと納税等)を受けるために確定申告をする場合には、副収入の所得が20万円以下でも給与所得と合算して確定申告することになりますので、その点は注意が必要です。