2019年1月よりスマートフォンでも国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーからe-Taxを利用して、確定申告ができるようになりました。

e-Taxとは、国税庁が運営するシステムで、インターネットを利用して国税に関する書類の作成、提出、納税ができます

e-Taxで作成した確定申告書は印刷して書面で提出することもできますが、e-Taxで申告すれば、確定申告書を税務署へ持参したり、郵送する手間を省いたりすることができます。

主に給与収入年金収入のある人が対象で、一時所得副業などの雑所得がある場合でもe-Taxで申告できます。

不動産収入事業収入がある人は、パソコンからe-Taxをご利用ください。

申告の際はマイナンバーカードと、マイナンバーカードの読み取り可能なスマートフォンが必要です。

国税庁ホームページでお持ちのスマートフォンが対応機種か確認できます(※令和3年7月13日現在)。

マイナンバーカードがない場合は、身分証明書を持参の上、事前に税務署でID・パスワードを発行すればe-Taxで申告できます。

ただ、この方法は、マイナンバーカードが普及するまでの暫定的な対応ですので、マイナンバーカードを取得して申告することをお勧めします。

国税庁ホームページに実際の操作画面を用いた操作手順や入力方法が掲載されていますので、申告前にぜひご参照ください。

また、確定申告書の結果、納税額がある場合には、申告期限内に納税も必要になります。

お忘れのないようにご注意ください。