最近は副業OKの会社も増えたようで、休日にアルバイトをしているという会社員の方もいらっしゃることと思います。

俺はサーカス団で働いている

会社員の場合、勤務先が年末調整により1年間の所得税を計算してくれるため、通常は確定申告の必要はありませんが、複数の勤務先から給与収入がある場合、原則として、確定申告をする必要があります。

年末調整は「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出した勤務先1カ所のみで行われますので、それ以外の勤務先、すなわち、アルバイト先で年末調整はしてもらえません

まず、それぞれの勤務先から交付される源泉徴収票をご用意ください。

給与収入を合算して1年間の所得税を計算します。

その所得税が源泉徴収票に記載された源泉徴収税額の合計より多い場合は、その差額を追加で納付することになり、少なければ税金が戻ってきます。

納付になる場合は、翌年2月16日から3月15日までに確定申告をしてください。

税金が戻る場合は、翌年1月1日から5年以内に確定申告をすることができます。

アルバイト先の給与収入が年間20万円以下であれば確定申告は不要ですが、 この場合でも、申告することで天引きされた所得税が戻ってくるケースがあります。

ただし、住民税の負担が増える場合もあり得ますので、詳しくは専門家へご相談ください。

年末調整で考慮されない医療費控除寄付金控除などを受けるために確定申告をする場合、アルバイト先の給与収入が年間20万円以下でもその給与収入も含めて確定申告をしなければなりませんのでご注意ください。