青色申告とは、個人事業主が日々の取引を帳簿に記入して確定申告を行うことで、税金面の特典を受けることができる制度です。

この特典の一つに、事業所得などから一定額を控除できる青色申告特別控除があります。

事業所得の場合、所得金額を上限として55万円または10万円です。

2019年分までは65万円の控除が可能でしたが、税制改正により2020年分から減額されました。

国税庁ホームページを参考にするがよい

ただし、確定申告をe-Tax(電子申告)で行うことにより、2020年分以降も65万円の控除を受けることができます。

55万円(または65万円)の控除を受けるためには、複式簿記で記帳をし、貸借対照表損益計算書を作成して確定申告を行うことが必要です。

また、確定申告は期限内に行ってください。

複式簿記で記帳するには、会計ソフトを使うと、初心者でもパソコンで簡単に記帳ができます。

また、税務署、商工会、青色申告会などで記帳指導を受けることもできます。

自力で複式簿記の記帳ができないときは、税理士などに記帳代行を依頼する方法もあります。

また、収入と経費を記帳して損益計算書のみを作成する簡易な方法なども認められていますが、この場合、控除額は10万円となります。

青色申告を始めるには、「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出します。

原則として青色申告を始めたい年の3月15日までに提出が必要です。

ただし、1月16日以後に新たに事業を開始した場合は、開始日から2カ月以内となります。

なお、現在、新型コロナウイルスの影響で期限までに申請書の提出が困難な人は、期限後でも提出できる場合があります。