ここ1年以内に脱サラして起業したものの、赤字となってしまった場合、事業で生じた損失額を、給与所得から控除することができます(損益通算)。

もちろん、事業を始めた際に青色申告の手続きを適正に済ませていることが大前提です。

損失額を会社員時代の給料などと相殺することで、天引きされた所得税等が確定申告で還付される可能性があります。

「損益通算」しても控除し切れない損失額がある場合は、翌年以降3年間の所得から順次控除する「純損失の繰越し」を利用することができます。

翌年以降、事業が黒字になった際、繰り越された損失額から控除し、本来納める所得税等を減らせます。

具体的な事例を挙げますと、

たとえば昨年の給与所得が200万円、事業の赤字が350万円のケースでは、その年は「損益通算」で所得がゼロとなり、天引きされた所得税等の還付ができます。

残りの150万円は「純損失の繰越し」を行い、翌年以降3年間の所得から順番に控除していきます。

また、このほかにも「純損失の繰戻し還付」という制度もあります。

前年も青色申告書を提出していれば、「純損失の繰越し」に代え、その損失を前年の所得から控除し、前年に納めた所得税の還付を受けることができるという制度です。

開業したばかりで前年は青色申告をしていないという方は該当しないということになりますね。

「損益通算」や「純損失の繰越し・繰戻し還付」を受けるためには確定申告等を適正に行うことが必要です。

赤字が出た年度でも、制度を利用するために忘れず確定申告等を行ってください。

手続きが難しい場合は、専門家にご相談ください。