アメリカ合衆国国家情報長官室が2021年6月25日、UAPタスクフォースの進捗状況を伝える未確認空中現象(UAP)に関する予備報告書を議会に提出しました。
Prelimary-Assessment-UAP-20210625.pdf

UAPの仮説は1つだけではなく、5種類に分類される。

  1. 空中を飛んでいるもの
    鳥、風船、民間のドローン、ビニール袋のゴミなど、真のターゲットを識別する能力に影響を与えるもの
  2. 大気中の自然現象
    氷の結晶、水滴、熱変動など、赤外線やレーダーシステムに記録されるかもしれないもの
  3. アメリカ政府、または産業開発プログラム
    政府や民間企業による機密に関わる開発など
  4. 敵対国のシステム
    中国、ロシア、もしくは他の国や非政府組織の技術
  5. その他
    データ不足による未解明なものはこのカテゴリーに分類される