母の姿を見ていましたのでよくわかるのですが、抗がん剤治療を受けますと、副作用でどうしても吐き気がひどく、食欲も減退します。

だからといって、ろくに食べもせず、栄養も摂らずに抗がん剤治療を受けたところで、効果が得られるかどうかは大いに疑問です。

「医食同源」という言葉もありますように、やはり食事は重要であり、食事も治療の一環であると捉え、栄養摂取に務められたほうがよろしいでしょう。

本レシピは、母が生前、好んでよく飲んでいた汁物で、そのメモ書きが残っておりましたので、忘れないうちにとまとめ、親類にも協力してもらい、再現したものです。

長芋は自然薯などに比べて粘り気が少ないので、母のように食道がんの手術をされた方にも飲みやすいと思います。

1年を通して飲めますし、特に夏場の食欲が減退しがちな季節にはうってつけです。

もちろん、健康な方が飲まれても、全く害がないどころか、下記に示す通り、様々な効能がありますので、美容や健康の保持増進にも大変よろしいです。

ただし、長芋アレルギーがある方は、避けたほうが無難です。

ちなみに、長芋は自然薯などの「山芋(ヤマノイモ)」とは別種なのだそうです。

 

材 料

材料は、どこか特殊な専門店に行かないと得られないというものではなく、近所のスーパー等で調達でき、比較的安価で済み、すぐに作れるというのが特徴です。

長芋は長さにもよりますが、東京ですと、250円~400円前後です。

だしはスーパーに行けばスティック顆粒タイプのものが売られていますので、それを用いれば、水に溶かすだけで簡単にだしが作れます。

分量はあくまでも目安ですので、各自、適宜、増減してください。
 

用意するもの

・長芋…1/2本(約270g)
・ミョウガ…1個
・だし汁…200ml(1カップ)
・減塩醤油…大さじ1
・あおさ粉(なければ青ノリで可)…少々

 

作り方

  1. ミョウガはタテ半分に切って斜め切りに、あるいは食べやすいようにみじん切りにしてもよろしいです。
  2. ボウルにだし汁と減塩醤油を入れ、そこに長芋をすりおろし、混ぜる。

    長芋の皮は八味地黄丸、六味丸などの漢方方剤に使われるくらいですので、剥かずにすりおろしても害はありません。
    すりおろす前に5~10分ほど酢水に漬けるとかぶれ防止になって良いそうですが、そうしますと酢の味が強くなってしまうので、酢水に漬けず、そのままの状態でゴム手袋を着用してすりおろしましょう。

  3. 器に移し、ミョウガを添え、あおさ粉(なければ青ノリで可)を散らす。

お好みで、納豆、オクラ、乾燥わかめ等を入れても美味しそうですよね。

簡単に作れますので、時短にもなります。

晩酌のおつまみにも最適かと思います。

是非、レパートリーに加えてみてください。

 

効 能

ミョウガは民話「みょうが宿」のルーツになり、長芋は「山のうなぎ」、あおさは「海の緑黄色野菜」と呼ばれていたりと、安価だからといって侮りがたいほど、非常に栄養価が高い食材です。

以下、効能を列挙しますと、
 

長 芋

・滋養強壮
・疲労回復
免疫力向上
・消化吸収能力向上
・便秘解消
・腸内フローラ改善
・デトックス効果
・ダイエット効果
・美肌効果
・むくみ解消
・血行を促進して冷え性を改善
・高血圧や動脈硬化の予防
・糖尿病予防
・老化予防
・コレステロール値の低下
・風邪やインフルエンザ予防

ミ ョ ウ ガ

・血行促進、血流改善、発汗作用
・むくみの緩和
・消化促進
・解毒効果
・抗炎症作用
・抗菌、抗ウイルス作用
・貧血を予防
・生理不順や更年期障害の改善
・ストレス軽減作用
・ストレス耐性向上
・集中力アップ
・眼精疲労緩和
・視覚機能改善
・眼病予防

あ お さ 粉

・健全な骨格形成
・血液凝固作用
・心臓の拍動や筋肉の収縮をスムーズにする
・血流改善
・造血作用
・悪性貧血予防
・生理不順
・胎児の発育
・腸内環境改善
・メタボ予防
・コレステロール値の正常化
・糖尿病予防
・急激な血糖値の上昇を防止
・血圧上昇防止
・便秘解消
・肌荒れやニキビの改善
・抗酸化作用
・アンチエイジング効果
・ストレス軽減作用

と、がん対策以外にも、様々な効能が期待できます。

母も医師からよく言われていたのですが、やはりがん患者さんが一番に目指すべきは免疫力の向上

本レシピを活用され、適切な治療とも相まって、皆様の病気平癒、息災延命、身体健全につながりますことを、心よりお祈り申し上げます。