厳密には地域によりサバの旬にズレがありますが、現在は冷凍技術の発達により、脂のノリがほぼ一定で味も落ちないため、1年を通して美味しくいただけます。

東京に出回っているサバも、2月でも美味しくいただけます。

2014年10月~2015年9月にフジテレビで放送された「ヨルタモリ」内でタモリさんが披露されていた「タモリ流サバサンド」をふと思い出し、親類にも協力してもらい、再現してみました。

 

材 料

  1. サバの一夜干し(ノルウェー産)
  2. 食パン
  3. レタス
  4. 和風ソース(マヨネーズにしょうゆを混ぜたもの)

タモリさんいわく、『ノルウェー産のサバは脂がのっていて旨い』そう。

スーパーで売っているサバはだいたいノルウェー産だと思います。
 
番組では一夜干しを使っていましたが、とりあえず品名に「サバの干物」と書いてあればよいかと思います。
 
サバはどうしてもくさみがあるので、私は、魚のくさみを抑えるために芋焼酎で漬け込んだという、ヤ印さんの「焼酎仕込み さばの干物」なる商品を購入。

焼く前にさらに料理酒をかければ、さらにくさみが緩和されます。

 

作り方

  1. サバの一夜干しを焼く。
  2. 食パンをトーストし、焼いたサバをそのままトーストに乗せる。
  3. サバの上にレタスをのせ、マヨネーズにしょうゆを混ぜた和風ソースをたっぷりかける。

もう1枚トーストを乗せてサンドイッチ状にして2つに切ってもいいのですが、崩れやすいので、私は1枚のパンに挟んで二つ折りにしました。

タモリさんご自身も大好物だそうですが、こんなに美味しいとは思いませんでした。

簡単ですし、けっこうお腹いっぱいになりますので、ご家族にも喜んでいただける思います。

是非、お試し下さい。