亡くなった親の家から手書きの遺言書が出てきたという場合もあるかと思います。

その場合、親(亡くなった父または母)の住所地を管轄する家庭裁判所に、遺言書の検認の申し立てをする必要があります。

検認とは、他の相続人に対し、遺言の存在およびその内容を知らせる手続きです。

また、遺言書が偽造・変造されることを防ぐため、遺言書がどのような状態で存在しているかを家庭裁判所で確認する手続きです。

遺言書のうち、法務局で保管されていない自筆証書遺言(遺言書本文、日付および氏名を本人が手書きし、押印することによって作成する方式)と秘密証書遺言封印した遺言書を公証人に提出し、所定の処理をしてもらう方式)が対象です。

検認をせずに勝手に開封したり、遺言書の内容を実現したりすると、5万円以下の過料に処せられる可能性があります。

遺言書を破棄した場合は、相続人の資格を失い、罪に問われることになります。

裁判所は全ての相続人に、遺言書の検認を行うことを連絡します。

他の相続人も自分の判断で検認に立ち会うことができます。

相続人全員の同意があれば、遺言書と異なる内容の遺産分割をすることも可能です。

中には

遺言書の筆跡が母さんの筆跡と違うような気がする。
検認すると遺言書が有効であると判断されてしまうのですか?

という疑義が生じる場合もあるかもしれませんが、検認は、遺言書の有効・無効を判断する手書きではないので、有効と判断されるわけではありません。

遺言書が無効であることを確認するためには、地方裁判所に、遺言書が無効であることの確認を求めて、訴訟を提起されるとよいでしょう。