病気で医師から

すぐ入院するように

と言われ、大部屋を希望したものの、

満床なので個室に入るように

言われた。

病院側の都合で個室に入院する場合でも、個室と大部屋の差額のベッド代を支払わなければならないのだろうかと不安に思う方も多いと思います。

厚生労働省は、個室への入院は、患者に対して個室の設備や環境、料金などについて詳しく説明した上で、患者の自由な選択と同意が必要としています。

そして、患者に差額ベッド代を求めてはならない場合として、

①室料が記載された同意書で同意の確認を取れていない(書類の不備を含む)
②病状が重篤で安静にしなければならないなど患者の治療のために必要がある
③大部屋が満床など、病棟を管理するために、患者の選択によらず個室に入院させる

を具体例として挙げています。

つまり、室料が記載された個室に入ることへの同意書に署名をした場合は、差額ベッド代を支払わなければならないということです。

同意書に署名をする前に、病院に室料についてきちんと説明してもらい、よく考えてから署名をしましょう。

書類の内容をよく確認せずに、個室に入ることの同意書に署名をしてしまった場合でも、病院から詳しい説明をされた上で同意したとみなされるので、後から撤回は難しいでしょう。

病院から詳しい説明がない場合や、費用の負担に不安があるときは、署名しないこともできます。

署名は必ずしなければならないものではありません。

差額ベッド代を支払うことに納得できなかったら、署名しないようにしましょう。

ならば同意書に署名をしなかった場合は
差額ベッド代は支払わなくていいのだな?

という問題が生じますが、入院を先に延ばすことができない場合で大部屋が満床という事情であるならば、前述の③に当たるので、差額のベッド代まで支払う必要はないと解せられます。

病院と相談してください。