離婚したいものの、夫または妻が応じないという場合、離婚調停を起こすという方法があります。

離婚調停とは、当事者同士で離婚の話し合いができない場合に、家庭裁判所で、調停委員を通し、話し合いをする方法です。

離婚調停を起こすには、原則として、相手方となる夫または妻の住所地の家庭裁判所に申し立てます。

申立書は裁判所に用意されています。

また、裁判所のウェブサイトからダウンロードすることもできるので、記入して提出してください。

その他、戸籍謄本を用意する必要があります。

申し立て費用として、収入印紙代1,200円と、連絡用の郵便切手代が必要です。

調停は多くの場合、交互に調停委員に話を聴いてもらいます。

1回の調停で話がつかない場合は、次回の調停の日を決めて話し合いを続けます。

話し合いに援助が必要な場合は、代理人として弁護士に依頼することもできます。

調停を申し立てる家庭裁判所が遠く、度々行くのは大変だという場合は、あなたの住まいに近い裁判所に行き、電話をつないでもらう方法があります。

弁護士がいる場合は、その事務所の電話で参加することもできますので、裁判所に相談してみてください。

夫婦の財産の分け方についても、離婚調停で話し合うことが可能です。

調停が成立すれば、あなた一人で離婚届を提出できますので、10日以内市区町村役場に提出ください。

調停で話し合いがつかなかった場合は、離婚するという判決を求めて、離婚裁判を起こすことになります。