既に埋葬してある遺骨を別の墓地に移すことを改葬といいます。

改葬には、「改葬許可証」を発行してもらう必要があります。

改葬許可証を得ずに改葬を行うと、罰金などの制裁が科せられる可能性があります。

改葬許可証は、改葬前の墓地がある地の市区町村役場に「改葬許可申請書」を提出することで発行してもらえます。

改葬許可申請書には、埋葬(納骨)の事実を証する墓地の管理者の「埋葬証明書」の添付が必要です。

申請しようとする人が墓地使用者(契約者)でない場合は、墓地使用者の承諾書が必要です。

その他、改葬先の墓地の管理者の「受入証明書」など、市区町村ごとに必要書類が異なるので、改葬前の墓地がある市区町村役場に確認しましょう。

中には寺の住職等(墓地の管理者)が改葬を認めず、埋葬証明書を発行してくれない場合もあるかと思います。

しかし、埋葬証明書を求められた場合、墓地の管理者が埋葬証明書の発行を拒むことは原則として違法です。

まずは、円満に解決できるよう住職等と話し合いをしてみるのがよいでしょう。

話し合いができなかった場合は、埋葬の事実を裏付ける書面として寺が発行した布施の領収書や、陳述書などを市区町村役場に提出することで、改葬許可証を発行してもらえる可能性があります。

改葬許可証を発行してもらえなかった場合は、寺に対して裁判を提起して埋葬証明書の交付請求を行うことができます。

無事に改葬ができた場合、改葬前の墓地との使用契約が終了するかどうかは、寺との墓地使用契約の内容によるので、まず契約内容をよく確認しましょう。