医療費控除とは、本人生計を一にする家族のために支払った医療費が、原則として年間10万円を超えると、その超える部分を所得から控除することができる制度です。

10万円未満ならば受けられないのかというと、そうとは限らず。所得が200万円未満の方は、10万円ではなく所得の5%を超える医療費を年間に支払っていれば受けることができます。

サラリーマンやOL等の給与所得者には給与所得控除がありますので、たとえば、

治療費や入院費で総額9万円を病院に支払った
今年の給与収入は190万円の見込みで、他に収入はない

という場合でしたら、所得は115万円です。

この115万円の5%相当額である5万7,500円を超える医療費を支払っているので、医療費控除を受けられるということになります。

この場合、医療費控除により、所得税と住民税で合わせて5,000円下がります。

ちなみに、給与収入のみの場合、年間の収入が311万6,000円未満であれば所得が200万円未満となります。
詳しくは専門家にご相談ください。

病院に支払った医療費以外では、通院時の公共交通機関の交通費、処方箋医薬品や治療に必要な市販の医薬品の購入代金なども対象です。

ただし、入院時の洗面用具などの日用品は認められません

医療費の補てんとして受け取った保険金高額療養費は、その医療費の額から差し引きます

なお、健康保険の傷病手当金は休業中の生活を保障するものなので差し引く必要はありません

控除の手続きは、「医療費控除の明細書」を添付した確定申告書を税務署に提出します。

領収書などの添付は不要ですが5年間保存してください。