医療費控除は、病気やけがの治療にかかった費用のほか、出産にかかった費用も対象となります。

医療費控除とは

医療費が年間10万円(所得が200万円未満のときは所得の5%)を超える場合、確定申告することで所得税と住民税が軽減される制度

のことである!

具体的には、入院費用妊娠と診断されてからの定期健診などの費用が対象となります。

ただし、入院の際に購入した妊婦用パジャマや洗面具などの日用品は認められません

通院にかかった電車代バス代、深夜に陣痛が起きたときなど、公共交通機関を利用できない場合のタクシー代も対象となります。

つまり、入院前の費用も対象となるということです。

さらに、出産後の健診費用、医師や助産師による保健指導の費用も含まれます。

不妊治療費人工授精など、妊娠前に不妊症の治療を行っていた費用も対象となります。

最近は、出生前に胎児の染色体疾患を調べる検査を検討される方もおられますが、この検査費用は対象となりません

健康保険組合などから(家族)出産育児一時金を受け取った場合、つまり、分娩費用を補助するための給付金は、出産にかかった費用から差し引いて医療費控除額を計算します。

また、各自治体から不妊治療の助成金を受け取ったときは、不妊治療費から差し引きます

なお、出産手当金を受け取った場合は、給料の減額を補うものなので医療費から差し引く必要はありません

 

まとめである!

対象となる・入院費用
・妊娠診断時からの定期健診
・電車代、バス代、タクシー代
・出産後の健診費用
・保健指導の費用
・不妊治療費、人工授精
対象とならない・日用品
・染色体疾患を調べる検査
差し引く・(家族)出産育児一時金
・不妊治療の助成金
差し引かない・出産手当金