年間の医療費が10万円(年間所得が200万円未満なら所得金額の5%)を超えた場合、確定申告で医療費控除の申告をすると、給与などから天引きされた所得税が一部戻り、翌年分の住民税も軽減されます。

虫歯や歯肉炎などの一般的な治療費については医療費控除の対象となります。

対象とならないものはホワイトニングなどの美容を目的としたものです。

治療の一環で、医師による必要な治療であれば、高額な歯科治療代も対象になります。

高価な材料を使用したり、インプラント治療のように保険が利かないため治療費が高額になったりしたものも対象です。

別居していても、生計を一にする親族の医療費を負担したのであれば、合算してご自身が医療費控除を受けられます。

生計を一にするとは、日常の生活の資を共にすることをいいます。
 
別居していても常に仕送りするなど経済的に支えていれば、「生計を一にする」ことになります。

別居する親の生活費や療養費などを常に送金しているようであれば、生計を一にしているものとされます。

通院にバスなど公共交通機関を使った場合の運賃や、電車やバスを使えない場合のタクシー代も医療費控除の対象ですので、忘れず集計しましょう。