デイサービスの費用については、原則、医療費控除の対象にはなりませんが、一定の医療系サービスと併用する場合には、費用の一部が対象となります。

医療費とは、自分や生計を一にする親族のために負担する医療費が年間10万円(所得金額が200万円未満の場合、所得金額の5%)を超える場合、その超えた部分について、所得税や住民税の計算上、200万円を上限に所得控除を受けることができる制度です。

対象になるのは「治療」を目的として行われる通院入院などの費用です。

デイサービスは通所介護ともいわれ、要介護者等を養護老人ホーム等の施設に通わせ、入浴・食事の提供から生活や健康等の相談世話などを行うものであるので、デイサービス費用は医療費には該当しません

しかし、ケアプランに基づき、デイサービスと訪問リハビリ通所リハビリ訪問看護などの医療系サービスを併用すれば、デイサービス費用の一部が医療費控除の対象になります。

デイサービス事業者が発行する領収書に、医療費控除の対象となる金額が明記されていますので、確認してください。

確定申告が必要になるので、医療費控除の明細書を作成するためにも領収書を保管しておいてください。

もし介護保険から高額介護サービス費として払い戻しを受けた場合には、医療費の金額から払戻金額を控除して計算してください。