上記ブログで紹介されている「ホーミタクヤセン」は仏教で説く「依正不二」に近い思想でしょうか。

依正不二とは、依報と正報が、一見、二つの別のものであるけれども、実は分かちがたく関連していることをいいます。

妙楽大師の『法華玄義釈籤』、天台大師の『法華玄義』に説かれています。

妙楽大師湛然が『法華玄義釈籤』で、天台大師智顗が『法華玄義』に説いた十妙を解釈する際に十不二門を立てたが、依正不二はその第6にあたる。

正報とは生を営む主体である衆生を、依報とは衆生が生を営むための依り所となる環境・国土を指します。

依報・正報の「報」とは、「報い」の意で、善悪さまざまな行為(業)というによって、苦楽を生み出す影響力が生命にとして刻まれ、それがやがてきっかけを得て現実に報いとなって現れることをいいます。

上述の通り、過去の行為の果報を現在に受けている主体であるので、衆生正報、それぞれの主体が生を営む環境・国土は、それぞれの衆生がその報いを受けるための依り所であるので、環境・国土を依報といい、環境・国土によって衆生の生命が形成され、また衆生の働きによって環境・国土の様相も変化するので、この両者の関係は不可分であるといえましょう。

とりわけ日蓮仏法では、仏法を信じ実践する人自身が主体者となって、智慧と慈悲の行動で依正の変化の連続を正しく方向づけ、皆が幸福で平和な社会を築くことを説いています。